忍者ブログ
手探りでパソコンの事を勉強するブログです。 何か覚えたら記録していきます。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •   

    [PR]



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    LinuxにフリーのウイルススキャンソフトClamAntiVirusをインストールする



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    ClamAntiVirusはオープンソースの無料で利用できるウイルス対策ソフトです。
    今回はUbuntu9.04にインストールしました。


    apt-get でソフトをインストールします。
    $ sudo apt-get install clamav

    インストールが終わったらパターンファイルを取得します。
    $ sudo freshclam

    デフォルトでパターンファイルは自動的に更新される設定になっています。
    ちなみに自動更新のスタートとストップは以下のコマンドで実行できます。


    自動更新のストップ
    $ $ sudo /etc/init.d/clamav-freshclam stop
    自動更新の再スタート
    $ sudo /etc/init.d/clamav-freshclam start

    端末からウイルススキャンする。
    $ clamscan -r ~/


    スキャン結果です。
    3986f23d.PNG





    GUIでウイルススキャンをする



    apt-getでGUI管理ソフトをインストールする。
    $ sudo apt-get install clamtk

    アプリケーション_システムツールからVirus Scannerを選択します。
    Inbox.png


    ソフトを実行すると、ディレクトリごとのスキャンやファイル別でのスキャンなど簡単にできます。
    すでに日本化されていますのでここからは感覚で操作できると思います。
    Inbox2.png

    Linux系のOSはウイルスの数や種類は比較的少ないとされていますが、ゼロではありません。
    万が一ウイルスに感染すると個人情報が漏れだしたり、スパムの発射台として悪用される危険性があります。
    最近ではwebサーバーを設置してだけで、cgiを許可しているディレクトリに勝手に詐欺ソフトの販売サイトバイアグラの通販サイトなどのスパムサイトを構築して特定のサイトへ誘導するなどのケースがあるようです。知らない間に自分のサイトがスパマーに悪用されている可能性もあるので、身に覚えのないトラフィックや動作をしている場合は注意が必要です。
    PR




    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    Ubuntu9.04にXOOPS_Cube2_1_7をインストール HOME Linuxコマンドで新しいディレクトリを作成する
    ©パソコン手探り all rights reserved.
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]